おすすめ記事

同じカテゴリー

Webデータベースの作成



Access2010ではWebデータベースを作成することができます。
Webデータべースの設計と公開にはAccess2010とSharePoint Serverが必要です。

[ファイル]タブをクリックして[Backstageビュー]を表示します。
[新規作成]をクリックして、[使用できるテンプレート]から[空のWebデータベース]をクリックします。
新規作成
データベースを作成したら、サーバーに発行します。
既存のデータベースも発行することができますが、拡張子は[accdb]のみ有効です。
Backstageビューで[情報]をクリックして、[Access Servicesに発行]をクリックします。
Access Servicesに発行
[互換性チェック]ボタンをクリックして、互換性の確認をします。
問題がなければ[サーバーのURL]と[サイト名]を入力して、[Access Servicesに発行]をクリックします。
互換性チェックの実行

スポンサーリンク

[Web互換性の問題]がある場合は、下のようになります。
[Web互換性の問題]ボタンをクリックしてエラーを修正します。
[Web互換性の問題]がある場合
修正ができると、[データベースはWebに対応しています。]と表示されます。
[データベースはWebに対応しています。]
発行が完了すると、URLが表示された下のウィンドウが表示されます。
[OK]ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

発行後は、ローカルで編集して同期させることができます。
実際、使用していますが、かなり便利です!!
発行済みのデータベースをローカルに保存する方法も合わせてお読みください。

参照サイト
Webで共有するAccessデータベースを作成する

※Access Serviceの機能は、SharPpointがオンプレミスの場合、Enterprise版のみ提供されています。
エディションと機能|SharePoint 2013|マイクロソフト

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする