おすすめ記事

同じカテゴリー

ルックアップウィザード



Accessのテーブルで、フィールドに入力する値をコンボボックスから選択する方法です。
ルックアップウィザードを使って解説します。
コンボボックス
まず、コンボに表示するリストをテーブルで作成します。
テーブル
[管理番号]に主キーを設定します。(※必ず主キーを設定します)
テーブルの名前は[T_備品]とします。
デザインビュー

スポンサーリンク

テーブル[T_sample]をデザインビューで開きます。
備品名フィールドの[データ]型で[ルックアップウィザード]を選択します。
ルックアップウィザード
[ルックアップウィザード]が起動します。
[ルックアップウィザードの値を別のテーブルまたはクエリから取得する]を選択して、
[次へ]をクリックします。
ルックアップウィザード
表示は[テーブル]で、[テーブル:T_備品]を選択します。
[次へ]をクリックします。
ルックアップウィザード
[選択可能なフィールド]から、すべてのフィールドを選択して、
中央の[>>]ボタンをクリックして、[選択したフィールド]に表示します。
[次へ]をクリックします。
ルックアップウィザード
コンボボックスに表示するときの並びを指定することができます。
管理番号の昇順に並べたいので、[管理番号]を選択して、[昇順]になっていることを確認します。
[次へ]をクリックします。
ルックアップウィザード
列幅を調整します。
ここでは、[キー列を表示しない]のチェックボックスをオンにしたまま[次へ]ボタンをクリックします。
ルックアップウィザード
ラベル名付けて[完了]ボタンをクリックします。
ルックアップウィザード
以下のようなメッセージが表示されますので、[はい]をクリックします。
ルックアップウィザード
フィールドプロパティは、下のようになります。
リスト幅などは、ここで修正することができます。
フィールドプロパティ

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする