おすすめ記事

同じカテゴリー

文字数制限付きのテキストボックス



Wordでテキストボックスを挿入して、そのテキストボックスに文字数制限をつける方法です。テキストボックスを挿入したい位置にカーソルを移動させます。
そして、[開発]タブをクリックして[コントロール]グループの[以前のバージョンのツール]をクリックして、[ActiveXコントロール]にある[テキストボックス]をクリックします。
※[開発]タブが表示されていない場合は、[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリック。そして、リボンのユーザー設定から設定します。詳細は、開発タブの表示で図説しています。
開発タブ

カーソルの位置にテキストボックスが挿入されます。サイズ変更ハンドルにマウスを合わせて、ドラッグで大きさを調整します。
テキストボックスの挿入

スポンサーリンク

[開発]タブの[コントロール]グループにある[プロパティ]をクリックします。
プロパティをクリック

[プロパティ]は、右クリックのショートカットメニューからクリックしても同じです。
右クリックのショートカットメニュー

[プロパティ]の[全体]タブにある[MaxLength]に制限したい文字数の数値を半角で入力します。ここでは、50文字の制限をかけたいので、50と入力します。
文字数制限の設定

ただ、このままでは入力しにくいと思いますので、[MultiLine]を[True]、[EnterKeyBehavior]を[True]にします。これでEnterキーで改行ができるようになります。
プロパティの設定

プロパティを閉じて、[開発]タブの[デザインモード]をオフにします。
デザインモードをオフ

テキストボックスを再度、編集したい場合は、テキストボックスを選択して、[開発]タブの[コントロール]グループの[デザインモード]をクリックしてオンにします。そして、[プロパティ]をクリックします。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする