おすすめ記事

同じカテゴリー

透かしの挿入



Wordで下のような透かし文字や透かし画像を挿入する方法です。
透かしが入った文書
透かしを挿入したい文書を開いて、[デザイン]タブの右端にある[透かし]をクリックします。ポップヒントには"ページ内容の背景として「機密」や「緊急」などの透かし文字を追加します。透かし文字を付けておくと、内容の可読性を損なうことなく、取り扱いに注意が必要であることを伝えられます。"とあります。
デザインタブの透かし

スポンサーリンク

[透かし]をクリックすると、「緊急」「社外秘」「注意」に4つずつのサンプルが表示されます。目的に合ったものがあれば、それをクリックします。
透かしサンプル
下は、「緊急1」をクリックして、挿入したところです。
透かしの挿入
挿入した透かしの文字色や、英語表記にしたい場合は[デザイン]タブの[透かし]をクリックして、[ユーザー設定の透かし]をクリックします。
ユーザー設定の透かし
[透かし]ダイアログボックスが表示されます。ここで、テキストやフォント、色、サイズなどを変更したり、新規に作成したりすることができます。言語も多言語に対応しています。テキストは、「オリジナル」、「コピー」、「コピー厳禁」、「サンプル」、「回覧」、「極秘」、「禁複製」、「見本」、「原本」、「至急」、「持ち出し厳禁」、「社外秘」、「転載不可」、「部外秘」、「複製を禁ず」があります。もちろん、テキスト文字は自由に入力が可能です。削除したり追加することもできます。また、[図]を選択して画像を挿入することもできます。画像についての詳細は、画像を透かしとして挿入をご参照ください。
透かしダイアログボックス
英語で「CONFIDENTIAL」と挿入したいと思います。下のように設定して[OK]ボタンをクリックします。。
「言語:英語」、「テキスト:CONFIDENTIAL」、「フォント:HG丸ゴシックM-PRO」、「サイズ:自動」、「色:赤」、「レイアウト:対角線上」
透かしの設定
下のようになります。

透かしを削除する場合は、[透かし]から[透かしの削除]をクリックします。または、[透かし]ダイアログボックスから[なし]を選択します。

また、作成した透かしをギャラリーに保存しておくこともできます。文書の上部(ヘッダー領域)か下部(フッター領域)をダブルクリックします。そうすると、[ヘッダー/フッター ツール]タブに切り替わります。

そして、透かしを選択します。ここで、透かしのテキスト文字はワードアートだということがわかりますね。ここで、透かしのサイズや位置を変更することもできます。詳細は、透かしのサイズと位置の変更を参照してください。この透かし(ワードアート)を選択したまま、

[デザイン]タブの[透かし]をクリックして、[選択範囲を透かしギャラリーに保存]をクリックします。

すると、下のように[新しい文書パーツの作成]ダイアログボックスが表示されますので、名前をつけて[OK]ボタンをクリックします。

[デザイン]タブの[透かし]をクリックすると、[全般]カテゴリーに表示されるようになります。他の文書で何度も使用するような場合は、ギャラリーに保存しておくと効率的です。

ギャラリーに保存したオリジナルの透かしを削除する場合は、オリジナルの透かしで右クリックします。ショートカットメニューから[整理と削除]をクリックします。
整理と削除
[文書パーツオーガナイザー]が表示されます。オリジナルの透かしが選択されているのを確認して、[削除]ボタンをクリックします。
文書パーツオーガナイザー
透かしは、既定ではすべてのページに挿入されます。特定のページにのみに挿入する場合は、セクションの設定をして、ヘッダーがリンクされないように設定する必要があります。特定のページにのみ透かしを挿入するをご参照ください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする