おすすめ記事

同じカテゴリー

段落の背景に色をつける



Wordで 段落の背景に塗りつぶしの色を設定する方法です。段落というと大きな文字列の固まりを想像される方が多いですが、Wordでは、段落記号までが一つの段落となります。下のように一行の見出しであっても、一段落となります。
段落の背景に色をつけた文書

段落の選択

まず、背景を設定したい段落の段落記号までを選択します。段落の選択方法ですが、ドラッグして段落記号まで選択してもいいです。ですが、選択しにくいという方もいらっしゃると思います。効率よく選択するには、段落の左余白にマウスポインタを移動させてクリックします。そうすると、簡単に一段落を選択することができます。
段落の選択

線種とページ罫線と網掛けの設定をクリック

段落を選択した状態で[ホーム]タブの[段落]グループにある[罫線]ボタンの横にある▼ボタンをクリックして、メニューの中から一番下にある[線種とページ罫線と網掛けの設定]をクリックします。
線種とページ罫線と網掛けの設定

スポンサーリンク

背景色を選択

[線種とページ罫線と網掛けの設定]ダイアログボックスが表示されます。[網かけ]タブをクリックして、[背景の色]から任意の色を選択します。[OK]ボタンをクリックします。※設定対象は、[段落]になっていると思いますが、念のため確認してください。
背景の選択

下のように段落(見出し)の背景に色が設定できたと思います。※ここでは、文字の色とフォントを変更しています。
段落に背景色を設定

パターンの設定

[線種とページ罫線と網掛けの設定]ダイアログボックスにある[網掛け]タブをクリックして、パターンの設定も可能です。白黒印刷の場合は、このパターンで濃淡や模様をつけて設定すると良いと思います。段落罫線の変更をする場合も必ず段落記号を選択した状態で設定してください。
パターンの設定

[網掛け]の[種類]は下へスクロールするとたくさん表示されますので、目的のものを選択してください。
網掛けの種類

他の段落にも設定したいですね。でも、同じ操作を繰り返すのは面倒です。2つの便利な方法を紹介します。

スタイルの作成

スタイルに設定しておくと便利です。背景を設定した段落内にカーソルを置いたまま、[ホーム]タブの[スタイル]グループにある[その他]ボタンをクリックします。
スタイルのその他ボタン

[スタイルの作成]をクリックします。
スタイルの作成

[書式から新しいスタイルを作成]ダイアログボックスが表示されます。名前のテキストボックスに分かりやすい名前を付けて[OK]ボタンをクリックします。※プレビューには背景の色は反映されません。
書式から新しいスタイルを作成

「第二章」の段落にカーソルを置いて、スタイルギャラリーの[見出し_背景色]をクリックすると、同じ書式のスタイルが設定されます。スタイルの設定については、スタイルの登録でもっと詳細に解説しています。
スタイルを適用

書式のコピー/貼り付けボタンで適用

また、[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックして設定してもいいと思います。ダブルクリックすると、何度でも継続して適用することができます。背景を設定した段落にカーソルを移動して、このボタンをダブルクリックします。
[書式のコピー/貼り付け]ボタン

そして、設定したい段落をクリックしていきます。刷毛のマークになったらクリックします。解除は、キーボードから[ESC]キーを押すか、再度 [書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックします。
刷毛のマーク

補足

段落罫線を使いこなすと、文書の見栄えを良くすることができます。見出しを下のように設定することもできます。段落罫線に色をつけるで解説しています。

段落を罫線で囲むや、ページ罫線の設定本文の周りを線で囲むにはも参考になると思います。ぜひご参照ください。

また、段落の背景に色をつけた場合、段落番号を設定すると段落番号が見辛くなることがあります。
段落番号の設定

上の画像では番号配置が[中央揃え]になっています。番号の配置を[左揃え]にするだけでも見やすくなります。
左揃え 

もし、もう少し余白を空けたい場合などは、新しい段落番号の定義で段落番号の前にスペースを挿入するなどして対応してください。その方法については、新しい段落番号の作成で詳しく解説しています。

段落番号の調整

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする