おすすめ記事

同じカテゴリー

傍点に色をつけるには



Wordでは、下のように文章内の一部の文字列を強調するために[傍点]を使うことができます。
傍点

傍点の設定

傍点の設定は、傍点を付けたい文字列を選択して、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックします。[フォント]ダイアログボックスが表示されますので、[フォント]タブの[傍点]から[・]または[、]を選択します。これで文字列に傍点を付けることができます。
でも、傍点にだけ色を付けることはできません。
フォントダイアログボックス

文字列に色を付けると、文字列と傍点に色が付きます。傍点については、傍点(Word2010)でも解説しています。
文字に色を設定

スポンサーリンク

ルビの設定

傍点にのみ色をつけるには、傍点ではなく、代わりにルビの機能を使います。 傍点を付けたい文字列を選択して、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[ルビ]をクリックします。ルビの設定

ルビの編集

[ルビ]ダイアログボックスが表示されます。ここでルビの編集をします。ここでは「めいかく」と表示されていますが、これを傍点に変更します。「・・」を入力します。ダイアログボックスの下方にあるプレビューで確認して問題がなければ、[OK]ボタンをクリックします。サイズなどは、任意で変更してください。
ルビの編集

下のようになります。
ルビの設定済

ルビに色をつける

ルビに色を付けるには、まずキーボードから[Alt]キーと[F9]キーを押してフィールドコードを表示します。下のようになります。
フィールドコードの表示

この中の「・・」の部分を選択して、色を付けます。ここでは、赤い色を付けます。
フォントの色を設定

下のようになります。フィールドコード以外の箇所をクリックすると、見やすくなると思います。
フィールドコードの編集

最後にフィールドコードを非表示にします。
キーボードから[Alt]キーと[F9]キーを押してフィールドコードを非表示にします。
ルビに色付け

フィールドコードの設定は面白いですね。
ルビ(ふりがな)の小技でもいろいろ紹介しています。
また、ルビを使って漢字の横に読み仮名をつけることもできます。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする