お勧め記事と広告

同じカテゴリー

前年対比ができる積み上げグラフはおすすめグラフで



Excelで下のような積み上げ縦棒グラフを横に並べて前年対比ができるようなグラフの作成方法です。Excel2013から[おすすめグラフ]という機能が追加されましたが、この機能を使うと非常に効率的に作成することができます。
積み上げグラフ

元となる表の確認

まず、グラフの元となる表が下のようになっているとします。グラフ元

スポンサーリンク

おすすめグラフの作成

この表内のセルをアクティブにして、[挿入]タブにある[おすすめグラフ]をクリックします。
おすすめグラフ

[グラフの挿入]ダイアログボックスが表示されます。上から3番目の[積み上げ縦棒]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
グラフの挿入

下のようなグラフが完成します。このグラフを元に編集していきます。
グラフの完成

データ系列の書式設定から編集

要素の間隔を空けないようにするため、グラフの系列を選択してショートカットメニューから[データ系列の書式設定]をクリックします。
データ系列の書式設定

データ系列の書式設定の[系列のオプション]にある[要素の間隔]を0%にします。つまみをドラッグで左へ移動させるといいです。
要素の間隔

グラフは下のようになります。
グラフ

各月の間に間隔をあける

これでは、各月の系列が分かりづらいので、各月の間に間隔を空けます。グラフの元となる表に一工夫するだけです。下のように間隔を空けたい月の横に空白列を挿入します。
グラフ元の表に列挿入

上記のままでは、横軸の月が中央揃えになっていませんので、ここでもう一工夫します。挿入した空白列の一番上のセルに空白スペースを入力します。
空白スペースを挿入

デザインの選択

後は、デザインタブでお好きなデザインを選択してください。
余談ですが、グラフの角を丸くする方法です。グラフで右クリックしてショートカットメニューから[グラフエリアの書式設定]をクリックします。
グラフエリアの書式設定

[グラフエリアの書式設定]が表示されます。[塗りつぶしと線]にある[枠線]の[角を丸くする]のチェックボックスをオンにします。簡単ですね。
角を丸くする

おすすめグラフでは、複合グラフも簡単に作成することができます。
Excel2016のおすすめグラフ(Excel2016)
おすすめグラフに複合グラフを表示するには(Excel2013)
また、おすすめグラフを使用しない方法で積み上げグラフを横並びにする方法は、下記で解説しています。
積み上げグラフ2本を横に並べるには(Excel2010)

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

シェアする