お勧め記事と広告

同じカテゴリー

図形を罫線の中央に配置



Excelで罫線で囲んだ中に図形やテキストボックスを中央に配置する簡単な方法です。Excel2016で解説していますが、バージョンは関係ありません。
罫線の中の図形

下のように複数のセルを罫線で囲んでいます。
ワークシートの罫線

罫線内に図形、またはテキストボックス挿入します。ここでは、[図形]から[正方形/長方形]を挿入します。
四角形の挿入

スポンサーリンク

罫線内の図形を一度、罫線にピッタリ合わせます。合わせるときは、[Alt]キーを使います。[Alt]キーを押したまま図形をドラッグすると罫線(枠線)にピッタリ合わせることができます。
Altキーを押してドラッグ

下のようになったら、今度は[Ctrl]キーを押したままサイズ変更ハンドルをドラッグして大きさを調整します。
Ctrlキーを使うと中心を移動せずにサイズを変更することができます。
Ctrlキーを押してドラッグ

下のように中央に配置することができます。
中央に配置


オブジェクトの比率を保ったままサイズを調整する場合は、[Shift]キーを使います。
Shiftキーを押してドラッグ

オブジェクトの中心と比率を保ったままサイズを調整する場合は、[Ctrl]キーと[Shift]キーを使います。
CtrlキーとShiftキーを押してドラッグ

キーボードを使ったオブジェクトの操作は、Excelに限らずWordやPowerPointでも使える共通の操作です。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

シェアする