おすすめ記事

同じカテゴリー

既定のフォントが游ゴシックに



Excel2016では、既定のフォントが「游ゴシック」になっています。Excel2013までは、「MSPゴシック」だったのですが。
テーマのフォント
游ゴシック(ゆうごしっく)とMSPゴシックを比較してみました。游ゴシックとMSPゴシック

スポンサーリンク

[游ゴシック]を[MSPゴシック]に変更する方法です。

ワークシートのフォント変更

ワークシート全体のフォントを変更するには、行と列が交わる箇所をクリック、あるいはキーボードから[Ctrl]と[A]を押して、ワークシート全体を選択した状態でフォントを[MSPゴシック]に変更します。
ワークシートの選択

アクティブブックのフォント変更

操作中のブックのフォントをMSPゴシックに変えるには、[ページレイアウト]タブの[テーマ]グループの[フォント]を[Office 2007 - 2010]に切り替えます。
フォントの切り替え

既定のフォントの変更

Excel2016の既定のフォントを変更することもできます。[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
オプション
[Excelのオプション]が表示されます。[基本設定]の[新しいブックの作成時]にある[次を既定フォントとして使用]のプルダウンメニューから[MSPゴシック]を選択します。[OK]ボタンをクリックして閉じます。フォントの変更
既存のブックは、[游ゴシック]のまま変わりませんが、新規ブックを起動すると、フォントは[MSPゴシック]になっています。また、行の高さも従来と同じ[13.5]になっています。
新規ブック
Office2016の標準フォントは、游ゴシック、遊明朝です。新しいフォントをOffice2010、Office2013でも利用できるようにMicrosoftから「游ゴシック 游明朝フォントパック 」が無償で提供されています。
Download 游ゴシック 游明朝フォントパック from Official Microsoft Download Center

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする