おすすめ記事

同じカテゴリー

ウィザードによるボタン作成後の埋め込みマクロ



Accessでは、ウィザードを使用して簡単にボタンを作成することができます。これについては、ウィザードを使ったコマンドボタンの作成で解説しています。簡単に作成できるのですが、一つ注意しなければならないことがあります。

拡張子accdbでコントロールウィザードを使用してボタンを作成

ウィザードを使用してコマンドボタンを作成した後、ボタンのプロパティを開いて[イベント]の[クリック時]を見ると、自動的に[埋め込みマクロ]が作成されています。※拡張子がmdbの場合は、イベントプロシージャになります。
プロパティ

この埋め込みマクロの[...]ボタンをクリックすると、[マクロツール]の[デザイン]が開かれます。[フォーム名]に見慣れない文字が並んでいると思います。私も知らなかったのですが、これはアスキーコードと呼ばれるものだそうです。
アスキーコード

スポンサーリンク

フォーム名を編集

この[フォーム名]のところは、実際のフォーム名に変えても動作は変わりません。アスキーコードをすべて削除すると、プルダウンボタンが表示されますので、ボタンを使って開くフォームを選択します。マクロを更新して保存します。動作を確認しても同じです。
フォーム名の変更

拡張子がmdbの場合

拡張子がmdbの場合は、ウィザードを使用してもVBAが作成されます。下の画像はAccess2007のmdbファイルです。[埋め込みマクロ]ではなく、[イベントプロシージャ]になっています。[...]をクリックするとコードを確認できます。
※Access2007以降でも拡張子がmdbファイルの場合は、イベントプロシージャになります。Access2007でも、拡張子がaccdbの場合は、[埋め込みマクロ]となります。
Access2007

新拡張子では埋め込みマクロになったため、戸惑われる方も多いようです。アスキーコードでは分かりにくいと思いますので、フォーム名に変えておいた方が後々、便利かもしれません。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする