お勧め記事と広告

同じカテゴリー

オブジェクトの表示形式



Accessのナビゲーションウィンドウには、テーブルやクエリなどのオブジェクトが表示されていますが、このオブジェクトの表示形式を変更することで操作がしやすくなることもあります。
下のようにナビゲーションウィンドウがあります。
ナビゲーションウィンドウ

このナビゲーションウィンドウの[すべてのAccessオブジェクト]と表示されている箇所をクリックすると、下のようにメニューが表示されます。ここでは、[オブジェクトの種類]と[すべてのAccessオブジェクト]がチェックがオンになっていますので、すべてのオブジェクトがオブジェクトの種類ごとに並んでいることが分かると思います。
メニュー表示

スポンサーリンク

[すべてのAccessオブジェクト]と表示されている箇所で、今度は右クリックします。ショートカットメニューの[表示形式]をポイントすると、[詳細][アイコン][リスト]が表示されます。ここでは、[リスト]にチェックがあるので、リスト表示になっていることが分かると思います。
表示形式

この[表示形式]を切り替えると以下のようになります。
[詳細]表示です。各オブジェクトの[作成日]と[更新日]が表示されます。
詳細表示

[アイコン]表示です。シンプルですね。
アイコン表示

オブジェクトは、非表示にすることもできます。こちらで解説しています。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

シェアする