おすすめ記事

同じカテゴリー

Excelの表を挿入する



まず、Excelで挿入したいワークシートを選択した後、保存して閉じます。
Excelのグラフを挿入する場合も同じです。
メニューバーの[挿入]→[[オブジェクト]をクリックします。
挿入メニュー オブジェクト
[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスが表示されます。
[ファイルから]のオプションボタンをクリックして、[参照]ボタンをクリックして、目的のExcelブックを選択します。
オブジェクトの挿入 ファイルから
[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスで[リンク]のチェックボックスをオンにすると、Excelの元データが変更された場合 スライドに挿入したオブジェクトにも反映されます。
オブジェクトの挿入 リンク
Excelの表を挿入することができました。

スポンサーリンク

表
こういうあらかじめExcelの表に色が設定されてあるワークシートを挿入した場合、挿入した表の色は[塗りつぶし]から設定できません。
色が設定されていないセルのみに[塗りつぶし]の色が反映されます。
塗りつぶし
挿入した表の色を変更する場合は、オブジェクトで右クリックします。
ショートカットメニューの[オブジェクトの書式設定]をクリックします。
オブジェクトの書式設定
[オブジェクトの書式設定]ダイアログボックスの[図]タブから[色の変更]をクリックします。
オブジェクトの書式設定ダイアログボックス 図タブ
[図の色変更]ダイアログボックスが表示されます。
ここでそれぞれの色を変更することができます。変更対象で[塗りつぶし]を選択するとセルの色は分かりやすくなります。
図の色変更

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする