おすすめ記事

同じカテゴリー

署名を作ろう



時々 メッセージの最後に可愛い署名がついたメールをいただいたことないですか?
この署名(最後につけるサインのようなもの)を作ってみましょう。
作った署名は、手動で挿入することも 常に挿入することもできます。


メニューバーの[ツール]から、一番下の[オプション]をクリックしてください。タブがいっぱいありますね。
[署名]タブをクリックして開きましょう。
ツールメニュー オプション


オプションダイアログボックス 署名タブ


[作成]ボタンをクリックします。
作成ボタン

スポンサーリンク


[署名の編集]のテキストの中に カーソルがあると思います。
自分の名前やEメールアドレス、飾り(★や♪や顔文字など)を入力します。
署名の編集 テキストボックス


4〜5行しか入力できないように見えますが、上のほうが無くなったと思ったら、キーボードの方向キー[↑]でカーソルを移動してみてください。
ちゃんと 入っていますね。カーソルを方向キーで移動してみるとわかります。
横もかなり長く入力できるようです。
ボックスが小さいので 全体を見るには、見にくいかもしれないですね。
オプションダイアログボックス


次に[名前の変更]ボタンをクリック!
[署名#1]とあるのを、わかりやすい名前に変更します。たとえば、[友人用]とか[一般用]などに。
そして[すべての送信メッセージに署名を追加する]にチェックを入れて [OK]ボタンをクリックします。
名前の変更


署名


では、新しい[メッセージの作成]画面を出してみましょう。すでに 署名が入力されていますね。
メッセージの作成

署名は数種類登録できますです。送信先によって使い分けるのもいいですね。


署名を使い分ける場合は、[すべての送信メッセージに署名を追加する]のチェックをはずして、
新しい[メッセージの作成]画面で本文の入力後に メニューバーの[挿入][署名]から 必要に応じた署名をクリックして使い分けてください。
オプションダイアログボックス 署名タブ


挿入メニュー


メールに署名をつけることはエチケットの一つかもしれませんね。
でも、その前にまず誰から来たメールなのかというのは、受信したときに表示される送信者で確認します。
この送信者の名前で知っている人かどうかを判断することが多いです。
自分で自分宛にメールを送信してみてください。[送信者]の名前がおかしくないですか?
受信トレイ

送信者の名前は変更することができます。
Blogのメール送信者の名前を参照してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする