おすすめ記事

同じカテゴリー

すべてのアドレス帳のエクスポート



Microsoft Outlookのインポートウィザードを使用しても、Expressのサブフォルダのアドレスはインポートされません。
以下は、ExpressのすべてのアドレスをMicrosoft Outlookへインポートする方法です。[スタートボタン]をクリックして、[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[アドレス帳]をクリックします。すべてのプログラム

[アドレス帳]の[ファイル]から[すべてのコンテンツを表示]をクリックします。
ファイルメニュー

新しく開かれた[アドレス帳]の[ファイル]から[エクスポート]→[ほかのアドレス帳]をクリックします。
ファイルメニュー エクスポート ほかのアドレス帳

スポンサーリンク

[アドレス帳エクスポート ツール]の[テキストファイル(CSV)]を選択して、[エクスポート]ボタンをクリックします。
テキストファイル エクスポート

[CSVのエクスポート]の[参照]ボタンをクリックして、エクスポート先のファイルを指定します。
新しく名前をつけてファイルを作成しても構いません。
[次へ]をクリックします。
参照ボタン ファイル指定

[CSVのエクスポート]でエクスポートするフィールドを選択して、[完了]ボタンをクリックします。
CSVのエクスポート

下のメッセージウィンドウが表示されたら、[OK]ボタンをクリックします。
メッセージウィドウ

表示されているウィンドウを全て閉じます。


Microsoft Outlookを起動させます。
[ファイル]をクリックして、[インポートとエクスポート]をクリックします。
Outlook ファイルメニュー

[インポート/エクスポート ウィザード]の[ほかのアプリケーションまたはファイルからのインポート]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
ほかのアプリケーションまたはファイルからインポート

[ファイルのインポート]から[テキストファイル(Windows、カンマ区切り)を選択して[次へ]をクリックします。
テキストファイル[ファイルのインポート]の[参照]ボタンをクリックして、インポートするファイルを選択します。
[オプション]は、目的に合わせて選択してください。
[次へ]をクリックします。
参照ボタン インポートファイルの指定

[ファイルのインポート]でインポート先のフォルダを選択します。
ここでは[連絡先]ですね。
[次へ]ボタンをクリックします。
連絡先選択

[ファイルのインポート]で実行する内容を確認して[完了]ボタンをクリックします。
内容確認

Microsoft Outlookの[連絡先]を表示してインポートされたアドレスを確認してください。
アドレスの確認

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする