おすすめ記事

同じカテゴリー

ツールバーについて



いつも上に並んでいるツールバーを移動させてみましょう。
ツールバーのドラッグ
下のようになりましたか?
ツールバー 複数


ツールバーの名前も表示されましたね。タイトルバーをドラッグして移動させることができます。
また、ツールバーの右端でマウスポインタが左右の矢印になった時に左にト゛ラック゛すると、ツールバーの形を変えることもできます。
ツールバーのドラッグ

スポンサーリンク

↓ツールバーの形を変えてみました。
ツールバーの形を変更
ウィンドウの左や右へ思いっきりドラッグすると、ドッキングすることもできます。
下は、標準ツールバーをウィンドウの左側へドッキングさせた状態です。
標準ツールバー


また 元の位置にもどしましょう。
ツールバーのタイトルバーをダブルクリックすると元の位置へ戻すことができます。
ウィンドウの左や右へ移動してドッキングさせた場合は、直前のドッキングした位置へ戻ります。
そのときはドラッグで上へ移動してください。
書式設定ツールバー


現在表示されていないツールバーを表示するには 
メニューバーの[表示]から[ツールバー]をポイントして 表示したいツールバーをクリックします。
表示メニュー


もっと簡単に表示してみましょう。
メニューバー、ツールバーならどこでもいいです。右クリックしてみましょう。
右クリック


[標準]ツールバーと[書式設定]ツールバーを常に2行に配置しておくには
メニューバーの[ツール]から [ユーザー設定]をクリックします。

[ユーザー設定]ダイアログボックスの簡単な表示の方法については[ユーザー設定ダイアログボックス]を参照してください。

そして ユーザー設定ダイアログボックスの[オプション]タブで
[標準]と[書式設定]ツールバーを2行に並べて配置する・・・ここのチェックボックスをクリックしてチェックを入れます。
ツールメニュー ユーザー設定
ユーザー設定 オプションタブ


また、ツールバーの[ツールバーオプション]から[ボタンを2行に表示]をクリックすると、簡単に2行表示にすることもできます。
ボタンを2行に表示


パソコン教室などでは この状態で設定していることが多いと思います。
自宅のパソコンと教室のパソコンのツールバーが違うと思われる方は この設定をお勧めします。


ツールバーは、カスタマイズすることもできます。
[ツールバーオプション]ボタンから、[ボタンの表示/非表示]をクリックして、カスタマイズしたいツールバーをクリックします。
この一覧の中のチェックがついてるものが現在 表示されているボタンです。
あまり使用しないボタンのチェックは外して、他に使うボタンがあればチェックをいれてくださいね。

ツールバーから、ボタンを削除してもなくなるわけではありません。
初期の状態に戻したい場合は、一番下にある[ツールバーのリセット]をクリックします。
ツールバーのリセット


新しいツールバーを作成することもできます。
[ユーザー設定]ダイアログボックスの[ツールバー]タブをクリックします。
[新規作成]ボタンをクリックします。[新しいツールバー]ダイアログボックスが表示されます。
[ツールバー名]に名前を入力して、[OK]ボタンをクリックします。
ユーザー設定 新しいツールバー
小さいツールバーが現れます。まだ、ボタンはありません。
[ユーザー設定]ダイアログボックスの[コマンド]タブから、作成したツールバーへ必要なボタンをドラッグして追加します。
コマンドタブ
削除する場合は、[ツールバー]タブをクリックして ツールバー名を選択します。
[ユーザー設定]ダイアログボックスの[削除]ボタンをクリックします。
メッセージボックスが表示されたら、[OK]をクリックします。

初めから組み込まれている組み込みツールバーは、削除することはできません。
ツールバーの削除
ツールバーについては、Blogのほうでも解説しています。
ツールバーの作成
ボタンの作成
ボタン名の変更
ボタンの削除

ツールバーをブックへ添付(Excel)
ツールバーのボタン

よく使うファイルをコマンドバーへリンク

オブジェクトを挿入したときに表示されるツールバーについては、Blogのツールバーを参照してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする