1. はじめてのMac
  2. ゴミ箱について

ゴミ箱について

スポンサーリンク

不要になったファイルをゴミ箱へ入れるときは、ファイルをDockのゴミ箱のアイコンにドラッグ&ドロップ。
ゴミ箱にファイルが入ると、下のようになる。
Dockのゴミ箱

または、コンテキストメニューから「ゴミ箱に入れる」をクリック。
コンテキストメニュー

※ゴミ箱に入れるというのは、ファイルをゴミ箱へ移動したというだけ。ゴミ箱をダブルクリックで開いて、ドラッグでデスクトップへ出すこともできる。
ゴミ箱のウィンドウ

ゴミ箱を空にするには、Dockのゴミ箱のアイコンで右クリック。あるいは、「control」キーを押しながら、ゴミ箱をクリック。
「ゴミ箱を空にする」をクリック。この場合は、警告メッセージは表示されないで空になる。
ゴミ箱のコンテキストメニュー

または、メニューバーの「Finder」をクリックして、メニューの中の「ゴミ箱を空にする」をクリック。
Finderメニュー

そうすると、↓のメッセージが表示される。「OK」ボタンをクリック。

また、この警告メッセージを表示したくなければ 「option」キーを押しながら、「ゴミ箱を空にする」をクリック。
「ゴミ箱をからにする...」の「...」が非表示になり、optionキーのマーク「optionキーのマーク」が表示される。
メッセージなしで削除することができる。
警告メッセージ

また、いつも警告メッセージを表示しないように設定することもできる。
メニューバーのFinderから、環境設定をクリック。
Finderメニュー

詳細から、「ゴミ箱を空にする前に警告を表示する」のチェックを外すとよい。
詳細ウィンドウ

また、「確実にゴミ箱を空にする」というメニューは、Nortonなどの市販ソフトを使っても復活させることができないようにするらしい。
Finderメニュー

フラッシュメモリをUSBに挿しこむと、デスクトップに下のようなアイコンが表示される。
USBから取り外すときは、アイコンをゴミ箱へドラッグ。
ゴミ箱が「取り出し」に変化する。
取り出し

ショートカットキー
コマンドキー + deleteキー・・・・選択した項目をゴミ箱へ移動

コマンドキー + shiftキー + deleteキー・・・・ゴミ箱を空にする

コマンドキー + shiftキー + optionキー + deleteキー・・・・警告なしにゴミ箱を空にする

HOME
はじめてのMac
Tweet


Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る