おすすめ記事

同じカテゴリー

移動とコピーはマウスで



選択した範囲の外枠をポイントして、マウスポインタの形がマウスポインタに変わったら、
貼り付け先のセルまでドラッグしてボタンから手を離します。
範囲選択後ドラッグ移動後

スポンサーリンク

また、同じ要領で[Ctrl]キーを押しながら、ドラッグするとコピーすることができます。
[Ctrl]キーを押すと、下のようにマウスポインタの上に小さい+が表示されます。
このときに[Ctrl]キーを押したままドラッグします。
Ctrlキーを押したままドラッグコピー

注)上手く出来なかった方は以下のことに気をつけてください。
ドラッグしたあとは マウスのほうから先に手を放します。
1.コピーしたいセルを選択します。
2.[Ctrl]キーを押します。
3.[Ctrl]キーを押したまま、貼り付け先までドラッグします。
4.マウスから手を放します。
5.[Ctrl]キーから手を放します。


[Shift]キーを押しながら、上の操作をするとセルの入れ替えができます。
Blogのセルの入れ替えを参照してください。


Excelでは、範囲選択をコピーしたり、列や行、セルをコピーしたあと、[貼り付け]のコマンドを使わずに貼り付け先で[Enter]キーを押してもデータを貼り付けることができます。
ただし、この場合 1回きりの貼り付けになります。
・右クリックのショートカットメニューから[コピー]
・[Ctrl]キー+[C]キー
・標準ツールバーの[コピー]ボタン
そのあと、貼り付け先で[Enter]キーを押します。
[Enter]キーで貼り付けた場合は[貼り付けのオプション]は表示されません。


マウスの右ボタンを押したままドラッグする方法もあります。
マウス操作に慣れたら、挑戦してみてくださいね。
Blogのマウスの右ボタンで移動で紹介しています。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする