1. 初心者のためのOffice講座
  2. Excel2003menu
  3. 行と列の覚え方

行と列の覚え方

スポンサーリンク

Excelのワークシートは行と列でなりたっています。
行番号は1行〜65,536行までです。
列番号はA列〜IV列までの256列です。

Excel2007ではこうなります↓
ワークシートがでかい!


新しいシートで65,536行目をみてみましょう。Excelの新規シートがでていますか?A1がアクティブセルになっていますか?
キーボードから「Ctrl」キーと方向キーの「↓」キーを同時に押してみてください。
65,536行目にアクティブセルが移動しました。

「Ctrl」キーと方向キーの「↓」は、データが入った表で使うと入力されたデータの最終行へ移動します。これも便利です。
65536行

ホームポジション(A1)へ戻ります。
「Ctrl」キーと方向キーの「↑」キーを同時に押します。
ホームポジションへ戻ったと思います。
ホームポジション


今度は256列目を見てみましょう。「Ctrl」キーと方向キーの「→」キーを同時に押してください。
IV列に移動しました。
IV列

ホームポジション(A1)に戻りましょう。「Ctrl」キーと方向キーの「←」キーを同時に押します。
ホームポジションへ戻ったと思います。
ホームポジション


ところで、時々行と列がわからなくなることがありませんか?
どっちが行でどっちが列だったかしら?と・・こじつけではありますが、これなら忘れないという覚え方を一つ紹介します。
漢字の行と列を思い浮かべてください・・あとは下の図でわかりますか?(^^)

行と列

Tweet



Excel2003 menuページへ
Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

このページのトップへ戻る