お勧め記事と広告

オプションの設定



ビルダーを使い始めると、あれこれおせっかいな設定に悩まされる方も多いようです。

使う前にオプションの設定をやっておきましょう。
以下は、あくまでも指針です。必ず設定しなければならないというものではありません。
少しでも使いやすくなればいいと思います。バージョン14での解説です。[ツール]メニューから[オプション]をクリックします。
[オプション]ダイアログボックスの[一般]タブです。[ページ作成モードの選択]で普段使うモードを選択しておきます。[標準モード]で使用されることをお勧めします。
[起動時に前回使用したサイトを開く]のチェックボックスをオンにしておくと、開くたびにサイトを選択する必要がありません。
起動時にサイトを開くでも解説してますが・・・

HTMLに慣れたかたは、
[HTMLソースを自動整形する]と[HTML構文エラーを自動修正する]のチェックボックスをオフにして、
[HTML構文エラー時の動作]で[重大なエラーのみ、修正ダイアログを開く]を選択しておくといいと思います。
オプションダイアログボックス 一般タブ
[編集]タブです。
[段落の作成]で[改行キーで段落を作成する]のチェックを確認します。
通常は、[Shift]キーと[Enter]キーで段落となります。使いやすいように設定してください。

[削除]の[表の削除時にセルの内容も削除する]のチェックボックスはオフにしておいたほうがいいと思います。
標準モードでは、表でレイアウトをすることが多いと思いますが、表を削除したら内容もすべて削除されて困ったことがあるかたは
ここはオフにされたほうがいいですね。
表を削除しても内容を残すでも解説しています。

全角スペースで空白をあけることはできますが、半角で空白を空けたい場合は
[挿入]の[スペースキーで連続したスペースを挿入する]のチェックボックスをオンにします。
オプションダイアログボックスオプション 編集タブ
[編集]タブの続きです。
表を作成するとセルがつぶれて困るというかたは、はじめから空白コードを挿入するようにしておいたほうがいいです。
[表の属性]で[空白セルに空白コードを自動挿入する]のチェックボックスをオンにします。
オプションダイアログボックスオプション 編集タブ

スポンサーリンク

[表示]タブです。
編集時にビックリマークや、赤や黄色の記号が表示されて気になるかたは、
[編集記号]の[コメント、スクリプト記号]のチェックボックスをオフにします。
オプションダイアログボックスオプション 表示タブ
[ファイル]タブです。
ビルダーでページを作成すると、[.bak]フィルがたくさん作成されていて邪魔なんだけど・・と思われるかたは、
[保存オプション]の[バックアップファイルを作成する]のチェックボックスをオフにします。
バックアップファイルは要らないでも解説しています。

[DOCTYPEを作成する]のチェックがオンになっていると、テキストボックス内のソースが自動的に作成されます。
ただこのソースがCSSのデザイン崩れの原因になるとの報告もありますので、気をつけてください。
[HTMLソースにGENERATORを組み込む]のチェックがオンになっていると、
ビルダーの○○バージョン]で作成していますというソースが自動作成されます。
少しでも軽くするためにでも解説しています。
オプションダイアログボックスオプション ファイルタブ
[ソース編集]タブです。
[行数表示]のチェックボックスはオンにされることをお勧めします。
[サイズ]は既定では[9]だったと思います。
小さい文字が見えづらい方は、ぜひ少し大きなサイズにされることをお勧めします。

[出力文字]は小文字が良いというかたは、[小文字]を選択してください。
[文字下げ]で[インデント]を[0]にすると、左端にソースがびっちり揃います。
ただ、これでは見難いと思われる方は 見やすいように設定してください。
オプションダイアログボックスオプション ソース編集タブ
[ビジュアルサイトビュー]タブです。
サイトを作成された方は、[サイトを開いたときにビジュアルサイトビューを表示する]のチェックボックスをオンにしておくと便利です。
編集は必ず、ビジュアルサイトビューを開いた状態で行うことをお勧めします。
オプションダイアログボックスオプション ビジュアルサイトビュータブ

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

シェアする